· 

art space Musee オープン!!

第1弾  「レザー & 木工家具オーダー会

 

クレド岡山に 期間限定でまた新しい空間が できたそうです(*^_^*)

 

H.M.Leather 革職人 龍さん と

「工房森の樹」さんの ジョイント展です。

 

Musee の ブログに詳しく出ています。→ 

 

革職人の龍さんには お世話になっていて

(紡いだ糸で編む帽子や作品につける革のパーツを作っていただいています)

お店の方に行って 革を扱う方法や 糸と針の選び方 縫う方法などを

ていねいに教えていただきました。

お店に並ぶお財布 ・・・・ リバーシブルのバッグ・・・・

いいな・・・・と思うものばかりです。

いいものを見るごとに 「よし、仕事頑張るぞ」と思います。

 

Museeさんの ブログの中の 「工房森の樹」さんの家具の写真・・・

「哲学の椅子」 ぜひ みてください。

 

モノをつくるとき きっと どの方も 作品に込める思いや

素材に対する思いや その作品に至るまでの 長い長い試作(修行など)があってのことと

いつも思っています。

なので、どの方の作品に対しても 私は 自分の趣味やものさしだけであれこれと 

評価をしないように心掛けています。

 

サッカー選手が 練習もなしにプロになれないように

長い長い日々と 静かな孤独と 熱い想いがあればこそ

よいものが生まれるのだろうな・・・と。

 

私は まだ作家ではありません。

だから、ただ「編む人」と思っています。

作品がまだまだ まだまだ ダメだと思っています。

喜んでいただけるようなものをつくりたい

思いだけで簡単なものを編んでいるだけだと思います。

 

きちんと セーターが編めるような

納得のいく糸を自分の手から 紡ぐことができたとき

その糸を 好きな色に染められたとき

納得のいく セーターに仕上がったとき

 

やっと すこし 自信が持てるのではないか・・・

と 思っています。

 

まだまだ 修行の身です。

今日も キーカラカラ キークルクル

糸車を回そうと思います。