心と体のいいバランス

ここのところ 小学校が終わるとそのまま スポーツセンターのプールで泳いで帰っています。

毎日とはいきませんが。

水泳は初心者です。手足をじたばたと動かしてもあんまり前に進まない 燃費の悪い泳ぎ方(笑)

よって、今のめあては 息継ぎです(笑)


それでも 水のなかって 本当に気持ちよくって驚いています。

もともと お母さんのおなかの中では水の中でした。

プールの明るい外からの光が 底でゆらゆらとゆらめいて 体が軽くて

聞こえるのは はいた息が耳の骨から頭に響く 「ぶうーっ」と

水面をかきまぜるような 「ぼこぼこ」という音・・・・かな。


日常をいちど放っておいて なんにも 考えない。


たとえば 心が疲れてしまって 思うように物事が進まないように感じてしまったり

自信がなくなるほどに 心が縮こまってしまったら、

心の方はもう 「がんばらない」で ただ、体の方を動かすといいと思うんです。


うまくできていて 心も体の一部なんだな・・・って感じます。

体をほぐしてあげると 引っ張られるように 心もほぐれて あたたかな気持ちがかえってくるみたいです。


なんだか、語ってしまいましたね。

ふふふ。