風をもらいに Zへ行く

1月6日 楽しみにしていた 由梨さんの個展を見るために CAFE×ATELIER Zさんへ。

フライヤーにオーナーの言葉が書かれています。

「神崎さんの木彫を目にした時にふとその軽やかさに驚いた。・・・・・実際に天使を目の当たりにしたらこんな印象じゃないのか?などと思っていたら、今回の「風をわたす」というタイトルが届いた。」

 

「風をわたす」

気持ちよさそうに目をとじて

差しだされたその手のひらには 草花がのせられています。

そよそよと やさしい風

目にはみえないけれど、

地球をたえることなくめぐっている 大気

目にはみえないけれど、

一瞬たしかに風は少女と一つになって 

手のさきから離れていく・・・・

少女の想いをのせて。

 

由梨さんと一緒にランチをいただきながら、今回の作品のことなどをお聞きしました。

神社(お寺でした。聞き間違えていてごめんなさい。)にあった銀杏の木を 彫ってできた子たちなんだそうです。

 

会場はcafeの一角ですが、由梨さんの作品の周りは 少し神聖な感じがしました。

自分をからっぽにしてから 少女と向き合いました。

どの子も なにかを受け取って幸せそうに感じました。

その手のひらから 今度は幸せを受け取ることができそうでした。

 

感動しました。

 

由梨さん 素敵な作品を見せてもらって 

ありがとうございました。

 

2016.1.6 ~ 17(sun) am11:00~pm7:00(最終日はpm6:00まで)

ぜひ 足をお運びくださいませ。