作品展「散歩みち」エピローグ

先日 無事に終わりました。

はじめての作品展の追想をすこし。。。。。

 

手元に残っているのは、展覧会に間に合わなかった冊子。

作品とあわせて書いた2行ほどの詩と作品の写真や風景の写真。

それと、ごあいさつを載せるはずだったものでした。

 

本当に毎日が楽しく、忙しいクレド岡山での2週間です。

わざわざ遠方よりお越しいただいた方もいて、20年ぶりの再会となった方も。

うれしい日々でした。

言い訳はきらいです。

そこで・・・・やり残したことは 次の作品展では実現したいと思います。

 

2年に一度くらいを目標に、日々がんばりま~す。

 

最後に、載せるはずだった内容と、撮りためた期間中のお写真を。

 

ごあいさつ

本日は「散歩みち」にお立ち寄りくださいまして、ありがとうございました。

ho・ho・u*は、昨年の秋で5周年を迎えることができました。

その間には、たくさんの出会いがあり、お客様の喜んでくださる笑顔が私の力の源でした。

2015年の終わりが近づいたころ、5周年の節目に何か感謝の気持ちを形にしたいと考えました。

始めたころよりお世話になっている art space MUSEEのオーナー micaさんにご相談すると、

それならとこころよく場所を提供してくださいました。

この場をお借りして 心より感謝申し上げます。

 

これからも皆様に喜んでいただけるように、心をこめて編み続けてまいります。

 

      2016年2月15日

                         ho・ho・u* 編み人 坂東明子

 

「散歩みち」

羊の毛を紡いだ糸を、藍とタマネギの皮で染めてもらい、ゆっくり編んだベレー帽。

散歩みちにみつけた愛しいものを刺繍しました。

 

「静かな朝」

冬の朝 木立をわたる鳥をみる

一瞬 音がきえた

 

「流星群」

ペルセウス座からの光のすじに

願いをのせて

 

「三日月との約束」

夕暮れの散歩みち

はなれていても 同じ月をみている

 

「心に咲いた花」

誰かと出会い心に咲いた

すこし懐かしくて はかない花

 

長い文章を読んでくださって 今日もありがとうございました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    あっちゃん (金曜日, 11 3月 2016 18:07)

    個展、無事に終わったこと、お疲れ様でした。日々、努力して周りの人との輪を広げていっているあきちゃんが、とても素敵に見えました。自分の今居る環境に、不平不満を言っても変えられるのは自分しかいないのよね。私は私の場所で、やれる事をがんばるわ(*^_^*)
    本当に本当にあえてよかった。
    これからも、友達でいてね。
    有名になってしまう前に、私にも何か素敵なもの編んでね(*^_^*)
    お互い、ぼちぼちがんばろ(^O^)/

  • #2

    あきちゃん (火曜日, 15 3月 2016 07:48)

    あっちゃんコメントありがとう。
    久しぶりだったけど、話していると時間が逆戻り???してました。
    楽しかったね。
    あっちゃんが焼いてくれたパンは、おいしくてプロの味でしたよ。
    果物のジャムも生チョコみたいなケーキも、、、、どれもこれもおいしかった。
    素敵です。とっても。
    ほんと、また会いましょうね。