尾道をあるく

薄曇りの空は 尾道の港とよく似合う。。。

そんなことを思いながら 海沿いの通りを歩きました。

 

大切な人とその人の作るやわらかいものたちに会うために。

 

商店街を行くと古い町屋を利用した細長い入口は、昭和へのタイムリープのトンネルみたい。

キョロキョロと見回しながら 奥へ奥へと進みます。

 

紙片(しへん)というお店。

奥の小さな空間に 木彫家 神崎由梨さんの作品が展示されています。

 

白い布に囲まれたテントの中に座って しばらくの間 作品を味わいました。

ゆれる月 ひらかれた本 

ひらいた手のひらから広がる やさしくてやわらかな空気で テントの中は満ちていました。